皮膚科で取り扱っている症状

お肌の悩みを皮膚科で解決

Home > かぶれ

かぶれ

かぶれは皮膚の表面に起きる炎症で、皮膚が赤く腫れたりぶつぶつした発疹ができ、痛みや痒みがあります。

原因としては漆や桜草などの植物、ドクガなどの毛虫、台所用や洗濯用の洗剤によって起こることが多いようです。それ以外に抗がん剤など強い薬を服用していると、その副作用の一つとしてこの症状が出てくることもあります。

またアレルギーの症状の一つとしてかぶれがあげられます。ゴムにアレルギーのある人がゴム手袋をはめたときに手がかぶれたり、食物アレルギーを持つ人がそのアレルギーの食べ物を食べたとき、まずくちびるがかぶれてくるのはその一例です。

かぶれの症状が出た場合、その取り扱いは皮膚科となります。皮膚科では問診と症状からその原因を判断し、薬を処方します。
どのような症状が出ているかで医師は原因が何か判断しますが、原因が不明な場合でもこれは皮膚が炎症を起こしている状態ですから、まず炎症を抑える外用薬が出されます。

あまりにも症状がひどいときや痛みや痒みが強いとき、アレルギーによるときなどは外用薬に加えて症状やアレルギーを抑える内服薬が出されることもあります。
患者は何が原因かわからなくても、皮膚科の医師は多くの症例の取り扱いをしているので原因が何か判断できるのです。