皮膚科で取り扱っている症状

お肌の悩みを皮膚科で解決

Home > やけど

やけど

朝の支度時間は、家族がそれぞれ慌ただしく過ごします。気ぜわしい気持ちをぬぐい去れないまま朝食を作っていた時に、火を使っていて指先をやけどする人もいるはずです。

思いもしない時に思わぬアクシデントでイライラ最高潮というだけではなく、指先へのやけどという小範囲のものでも、かなり痛みは強いものです。流水で冷やし、冷却剤でも冷やすのものの、じんじん来る痛みに勝てず、泣きたくなる人も少なくありません。

ですから、やけどしたら皮膚科で治療を受けることは大切なのです。たかがやけどと侮ってはいけません。やけどは思うよりも体内の深部まで傷を負って炎症を起こしている場合もあるのです。やけどの見た目だけで判断しないで、皮膚科で診てもらい、きちんと治療を受けるに越したことはないのです。

皮膚科の医師は、やけどの程度によりどのような傷口になるのかということも知っています。ですから、戸惑う必要もなく、やけどの治療に皮膚科へ足を向けることが大切です。病院の薬を塗って手当てを受けることで、痛みが次第に弱まっていくのです。